レンタル3Dプリンタでの動作設定(印刷設定)|愛知県の3Dプリンタレンタル「株式会社アイエムエス」

株式会社アイエムエス

  • 0522536873

    【営業時間】10:00~17:30【定休日】土・日・祝

制作事例・お役立ち情報

カテゴリー:

レンタル3Dプリンタでの動作設定(印刷設定)

  • お役立ち情報

弊社のレンタル3DプリンタではスライサーソフトとしてChiTuBoxを使用します。
3Dプリンタの動作設定は3Dプリンタ側で設定するのではなく、ChiTuBoxで設定します。

設定変更は「設定」の「印刷」タブを選択することで、3Dプリンタの動作設定を変更出来ます。

① レイヤ-の高さ(Layer Height)
高さ方向1層ごとの積層幅になります。
※ 推奨値は0.05mmと0.035mmになります。

 

② 初期層の数(Bottom Layer Count)
造形開始時は造形物が落下しないように照射時間を長めに設定し、硬化させます。
※ 弊社の推奨値は6回~10回になります。

 

③ 露光時間(Exposure Time)
通常層(初期層以降)で照射する秒数を設定します。
※ 弊社の推奨値は6秒~15秒になります。

 

④ 初期層の露光時間(Bottom Exposure Time)
初期層で照射する秒数を設定します。
※ 弊社の推奨値は50秒~100秒になります。

 

⑤ 消灯遅延時間(Light-off Delay)
通常層で次層への移動時に照射ライトのタイミングをずらす設定をします。
※ 値は原則として0sになります。

 

⑥ 初期層消灯遅延(Bottom Light-off Delay)
初期層で次層への移動時に照射ライトのタイミングをずらす設定をします。
※ 弊社の3Dプリンタでは遅延させる必要はありませんので0sになります。

 

⑦ 初期層リフト距離(Bottom Lift Distance)
初期層で次層への移動時に上昇する量を設定します。
この値が少ないと、レジンが下側に入り込まず、造形不良が発生します。
※ 弊社の推奨値は5mm以上になります。

 

⑧ リフト高さ(Lifting Distance)
通常層で次層への移動時に上昇する量を設定します。
この値が少ないと、レジンが下側に入り込まず、造形不良が発生します。
※ 弊社の推奨値は5mm以上になります。

 

⑨ 初期層上昇速度(Bottom Lift Speed)
初期層で次層への移動速度を設定します。
速すぎると、造形物の落下や筐体内部に液跳ねが発生します。
※ 弊社の推奨値は10~60になります。

 

⑩ 上昇速度(Lifting Speed)
通常層で次層への移動速度を設定します。
速すぎると、造形物の落下や筐体内部に液跳ねが発生します。
※ 弊社の推奨値は10~150になります。

 

⑪ リトラクト速度(Retract Speed)
次層への移動時の下降速度を設定します。
速すぎると、筐体内部の液跳ねや造形物に気泡が入りやすくなります。
※ 弊社の推奨値は50~150になります。